YouTubeのSEOマニュアル

YouTubeのSEO対策とは?おすすめツールから本までご紹介

げんた

YouTubeのSEO対策は何をすればいいの?

WEBマーケター

YouTubeを投稿していく上で、気をつけていくべきポイントはあるの?おすすめのツールも知りたい!

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

この記事を読むことで以下のことが分かるようになります。

  • YouTubeのSEO対策で最も大切なこと
  • YouTubeのSEOマニュアル・やり方
  • YouTubeのSEO対策で必須のおすすめツール
  • YouTubeのSEOを極められるおすすめ本
げんた

本記事の信頼性

オークスでは実際のWebコンサルタントである、げんた(@genta_oaks)が記事を監修しています。月間数十万PVのメディアを複数運営しながら、現在はSEOからSNS、YouTubeまで様々な分野のマーケティング企業を運営しています。

それでは早速見ていきましょう。

YouTubeのSEOとは?

YouTubeのSEOとは?

YouTubeのSEOとは、YouTubeで検索した時の検索結果を上位に表示させるという意味です。

つまり、多くのユーザーに視聴してもらうことを目的としたマーケティングになります。

よくgoogleのSEOは耳にしますが、YouTube上でのSEOはあまり聞き覚えがないことがほとんどです。

そもそもSEOはSearch Engine Optimizationの略で、「検索エンジン最適化」と言われています。

つまり、「YouTubeで検索エンジン最適化をしよう!」ことです。

YouTubeのSEO対策で最も大切なこと

YouTubeのSEO対策で最も大切なこと

YouTubeのSEO対策で最も大切なことは、動画の中身です。

よくあることとして、YouTube上のSEOというとテクニカルに色々なことしてブラックに数字を上げようとする方が多くいます。

しかしそれはユーザーのためになっておらず、不本意な結果になることがほとんどです。

つまり、YouTubeのSEOを極めていくためには、まず動画のコンテンツ内容を最適化する、興味をそそるような内容にすることが一番なのです。

技術的な部分はあとから修正すれば、いくらでもなるため、まずはユーザーファーストを考えましょう。

YouTubeのSEOマニュアル

YouTubeのSEOマニュアル

ここではYouTubeのSEOマニュアルとして5つの手順に分けてご紹介します。

まとめると以下のとおりです。

  1. キーワード選定
  2. 動画作成
  3. タイトル・説明文を最適化
  4. YouTube動画を宣伝
  5. チャンネル自体を最適化

順番に解説します。

1. 最初に取り組むべき作業「キーワード選定」

キーワード選定とは、どのようなキーワードでYouTube上のSEOを行っていくか最初に決めることです。

そして、キーワードを探す一番シンプルな方法は、自身の分野のキーワードをGoogle検索して、検索結果に動画が表示されるキーワードをひたすらスプレッドシートなどに記入しましょう。

この際の注意点としてはそのキーワードのボリュームが少ない場合です。

[memo title=”MEMO”]

キーワードのボリュームが少ない場合、そもそもの需要・ニーズがないことが多いので、排除して考えましょう。

[/memo]

また次は優先してチェックするべきキーワードを効率的に探すテクニックです。

YouTubeのサジェストキーワード

YouTubeのサジェストキーワード

実際にYouTube上でキーワードを探すこともできます。

YouTubeの検索ボックスに、アンダースコア「_」をいれると、関連性の高いサジェストキーワードが表示されます。

上記の写真は”_バスケ” で検索した場合のサジェストキーワードになります。

2. SEOの根幹を担う「動画作成」

キーワード選定ができたら動画作成に移りましょう。

これは一概に正解はなく、ユーザーはどんな情報を欲しているのか、どんな興味があるのかなど、作る前に前もってニーズの深堀りを行いましょう。

これによって動画が伸びるか伸びないのかの分かれ道です。

げんた
このニーズの深堀りを怠ることで、本当に視聴者が求めている動画にたどり着かない可能性が大きくなります。この作業は必須ですね。

Minimattersによると、YouTube の人気動画トップ10の平均時間は4分20秒と言われています。

あくまで参考程度にお考えください。

必要最低限の作成ツール・道具

  • 動画の録画・編集ソフト:パソコンのスクリーン上を録画、動画を編集するツール
  • USBコンデンサーマイク:パソコンに直接接続するマイク。※マイクがあるのとないのでは全く質が異なります。
  • webカメラ:話し手の顔や上半身を撮影する場合に使います
  • デジタル一眼レフカメラ:人物をメインに据えた動画を撮影する場合に使います
  • コンデンサーマイク:カメラに接続して使用します
  • ポップブロッカー:マイクに装着しながら息やつばなどのノイズを防ぐ道具です。
  • 照明:照明は必須です。動画の解像度を一気に上げてくれます。

3. 検索にひっかけるには超重要「タイトル・説明文を最適化」

続いては. 検索にひっかけるには超重要な「タイトル・説明文を最適化」です。

タイトル

タイトルには、上位表示を目指しているキーワードを全て使用しましょう。

たとえば”野球 グローブ”というキーワードが対象であれば、”野球のおすすめグローブ6選!”のようなタイトルになるでしょう。

タイトルはwebのページの内部対策と同じで非常に重要です。

GoogleのSEOもタイトルは非常に意識していると言われています。

同じ会社が運営しているYouTubeがタイトルを意識しないわけないですよね。

またポイントとしてキーワードは、タイトルの先頭あたりに入れましょう。

そしてクリック率を高めるために、数字をいれたり、記号を使ったりしてよりユーザーが興味を引くタイトルにすることが重要です。

説明文

説明文はつまりYouTubeでの概要欄になります。

GoogleとYouTube は、日本語を完全に理解できないとされているため、今の段階ではコンテンツ内容の理解を動画の説明文に大きく依存しているとされています。

つまり説明文は、GoogleとYouTube にあなた自身の動画の内容を適切に伝える重要な要素(ファクター)というわけです。

作成する上でおさえておきたいポイント

作成する上でおさえておきたいポイントをまとめると以下のとおりです。

  • 重要な外部リンクを説明文の冒頭に挿入する
  • 「もっと見る」ボタンをクリックしない範囲で、動画の概要を説明する
  • キーワードを文章の冒頭100文字以内にいれる
  • キーワードを2回いれる
  • 説明文は最低でも200~300文字はいれる

上記で紹介しているやり方をすれば、他者の動画で「関連動画」として表示される可能性が非常に高くなります。

YouTubeは関連動画にどう掲載されるかで視聴回数は大きく変わります。

是非このポイントをおさえて運用してください。

4. それぞれの媒体でブーストさせよう「YouTube動画を宣伝」

続いてはそれぞれの媒体でブーストさせましょう。

つまり、YouTube動画を宣伝します。

これは動画をユーザーの目に触れる機会を増やすことと、埋め込み動画によるリンクビルディング(被リンク)が目的です。

Googleはウェブサイトと同じように、YouTubeも被リンクをランキング要因として使っている可能性が大きいです。

そのため、多くの媒体で引用されているYouTube動画の方が伸びやすいというわけです。

5. チャンネル登録者を増やそう「チャンネル自体を最適化」

最後にチャンネル登録者を増やすために、「チャンネル自体を最適化」を行いましょう。

これは登録者数の多い権威性の高いチャンネルの動画の方が、新規のチャンネルの動画よりも上位表示される傾向にあるためです。

これはYouTube上での信頼性に繋がります。

ポイントとしては以下のとおりです。

  • ヘッダー画像を設定
  • ロゴを設定
  • 概要ページの文章を書く
  • 再生リストを作成

この4つのポイントはマストで設定しておきましょう。

YouTubeのSEO対策で必須のおすすめツール

YouTubeのSEO対策で必須のおすすめツール

YouTubeのSEO対策で必須のおすすめツールは、「keywordtool」です。

検索キーワードを調査するツールには色々な種類がありますが、比較的安価で導入ができ、かつ企業だけでなく個人でも活用できます。

こちらのツールは主にユーザーの検索キーワードや各キーワードの検索量を知れます。

検索ボリュームが調査できるプラットフォームとして、YouTubeの他に以下のようなものがあります。

  • Google
  • Bing
  • Amazon
  • eBay
  • Play Store
  • Instagram
  • Twitter

無料でも使えますが、検索キーワードの表示のみに限られています。

そのため、各キーワードの検索ボリュームの表示は有料版へのアップグレードが必要になるので、個人で行っていく方は注意しましょう。

より詳しくYouTubeでおすすめのSEOツールが知りたい方は「YouTubeのおすすめSEOツール4選!無料から有料版まで紹介」の記事をチェックしてみてください。

関連記事

げんたYouTubeのおすすめSEOツールが知りたい!WEBマーケターより効率的にYouTubeを分析したい!何かいい方法はないのかな?今回はこういった疑問にお[…]

YouTubeを本格的に始めるならSEOツールを利用しよう!

YouTubeのSEOを極められるおすすめ本2選

YouTubeのSEOを極められるおすすめ本2選

ここでぇあYouTubeのSEOを極められるおすすめ本を2つご紹介します。

まとめると以下のとおりです。

  1. 改訂 YouTube 成功の実践法則60
  2. YouTube革命 メディアを変える挑戦者たち

順番に解説します。

1. YouTube初心者におすすめ「改訂 YouTube 成功の実践法則60」

created by Rinker
¥1,651(2021/10/15 23:06:16時点 Amazon調べ-詳細)

こちらは個人、企業を問わず「これから動画を利用していきたい!」というYouTube初心者におすすめできる本になります。

動画の撮影方法だけでなく、YouTubeの効果的な使い方まで解説しています。

改訂版ということもあって最新のYouTube事情にも対応していることが大きな魅力です。

2. 「YouTube革命 メディアを変える挑戦者たち」

created by Rinker
¥1,980(2021/10/15 23:06:17時点 Amazon調べ-詳細)

YouTubeを使った具体的な動画投稿に関する情報も載っていますが、それよりもYouTubeの歴史に迫った本になります

YouTubeの副社長が著者なので、どのようYouTubeが拡大し、今に至ったかなどが書かれています。

昔あったアメリカのYouTuberの事例が載っているため、日本との違いを感じることができるでしょう。

YouTubeのSEO対策は本質を見極めることが大切!

YouTubeのSEO対策は本質を見極めることが大切!

いかがだったでしょうか?

YouTubeのSEO対策について、おすすめツールから本まで幅広くご紹介しました!

今回の記事で重要なことをまとめると以下のとおりです。

  • YouTubeのSEOとは、YouTubeで検索した時の検索結果を上位に表示させること
  • YouTubeのSEO対策は大きく5つの手順がある
  • YouTubeのSEO対策で最も大切なことは、動画の中身

是非この点を意識して、YouTubeのSEO対策は本質を見極めましょう!

またYouTubeのSEO、webマーケティングについて相談したいという場合は以下のページからお問い合わせください。

無料で相談可能です。

関連記事
IMG
YouTubeのSEOマニュアル
最新情報をチェックしよう!
>オークス

オークス

WEB集客なら「オークス」にお任せください!

CTR IMG